2009年12月15日

COP15に関するメモ

attaccop.JPG

コペンハーゲンから様々な報道が伝えられていますので、COP15について考えてみました。(ATTAC(首都圏)運営委員 秋本 陽子)

COP15の合意が叫ばれていますが、私は、合意を優先する考えに違和感を持っています。提案されている内容について、考えられるあらゆる面からの十分な検証が必要です。現状のままでは、COP15が「環境の新自由主義」もしくは「環境植民地主義」によって北が南を支配する構造を作ってしまうのでないか、と危惧しています。Climate Justice Network!、ならびにそれに参加する途上国の社会運動団体も、北が南を支配する新たな構造が創設される可能性があることに警戒を呼びかけています。

http://www.attac.org/copenhagen

なぜこのように考えるのかについて、また、なぜオルタ・グローバリゼーション運動が、今日COPの議論を批判しているのかについて、以下、ざっと書いてみました。私自身は、COP13(2007年12月、インドネシア・バリ島)およびCOP15作業部会(2009年10月、タイ・バンコク)と同時並行的に行われたパラレル・アクション(クライメット・ジャスティス・ネットワークが主催)に参加し、気候変動対策の中で何が起きているかを当事者たちから聞いてきました。加えて、2008年7月、G8洞爺湖サミット時に札幌で開催した「G8サミットを問う会」主催の「国際民衆連帯デイズ」で開催した「気候変動」セミナーでの議論を振り返りながら、以下、まとめてみました。

続きを読む
posted by attaction at 23:56 | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急プレス・リリース COP15に対するアフリカATTACネットワークの声明


地球を救え、アフリカを救え

気候の商業主義に反対
社会的な、連帯した、およびエコロジーを尊重する、もう一つの世界は可能だ。

今年、アフリカ大陸のいくつかの国で、洪水によって何千人もの人々が死亡し、家を失ったことをアフリカ人は忘れていない。過去にはなかったこうした自然災害がアフリカでは今まで以上に頻発している。森に期待はできない。気候学者は地球温暖化により実際に気候的災害が発生すると予測している。地表の平均温度が2度上昇すると、私たちの大陸アフリカに直接、影響をもたらす。洪水による死者が127%増加し、6億人が水不足、5,500万人が飢餓状態になり、マラリア感染者が17%および下痢性疾患者が16%増加するとされている。アフリカ大陸では、農業および牧畜も深刻な打撃を受ける。損失額は1,330億米ドルに達すると予測されている。来るべきこうした災害に直面して、今日、これまで以上に、アフリカ各国政府は、人道的支援を主張し続けるのではなく、常に施しを乞うアフリカというイメージで世界の想像力をあおるのではなく、このドラマに対して責任を持つ現在の資本主義経済システムの責任を断固として糾弾する必要がある。

300年に及ぶ資本主義の世界支配、ならびに約300年に及ぶアフリカの植民地支配が終了し、今、この期間に対する評価を下すべき時が来ている。資本主義の経済システムはアフリカに個人主義の行動モデルを押し付けてきた。私たちの祖先の社会が持っていた共同体という仕組みをマージナル化(周縁化)し、人々を搾取し、アフリカ大陸の天然資源および鉱山資源を略奪し、私たちアフリカ人の社会的権利を否定し、私たちの自然環境を破壊してきた。そこにはいかなる道理もなく、北(およびアフリカ大陸)の一部の支配層による、ならびに彼らのための利益の蓄積があるのみである。そして、これまで通り、アフリカ大陸の貧困者は、今後もこの気候の危機の劇的な結果に苦しむであろう。彼らは公害、洪水および気候変動の結果に最もさらされているが、彼らには新しい気候テキストに対応する術がない。


続きを読む
posted by attaction at 23:34 | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

クライメット・ジャスティス・ナウ!の声明

「クライメット・ジャスティス・ナウ(今こそ気候変動対策に公正を)!」は、社会的、エコロジカル的、ジェンダー的公正のための闘いに参加するグローバルな組織および運動のネットワークである。

クライメット・ジャスティスとは、気候変動にはグローバルな行動が求められるが、過去250年におよぶ温室効果ガス排出の歴史的責任は北の先進工業国にあるという理解に基づいている。石油、石炭およびガスという形をとる安価なエネルギーは、今日まで急速な工業化と経済成長の原動力であった。

南(グローバル・サウス)の地域社会、ならびに北の工業国の中の低所得コミュニティは、化石燃料の採掘、および化石燃料を使った輸送および生産という有毒な苦しみに耐えてきた。今日、こうした地域社会は、食料不足から島嶼国の水没に至るまで、気候変動の最悪の影響に直面している。

続きを読む
posted by attaction at 04:58 | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月COP15に向けた社会運動の主張と取り組み (クリストフ・アギトン)

バンコク(9月28日〜10月9日)からコペンハーゲン(12月7〜18日)へ

クリストフ・アギトン
(Christophe Aguiton)


2009年10月10日
Europe Solidaire Sans Frontieres (「ヨーロッパ国境なき連帯」)のウェブより

9月28日から10月9日までバンコクで開催された国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の特別作業部会は、コペンハーゲンCOP15(第15回UNFCCC締約国会議)に向けた積極的なステップを踏み出すことができなかった。

主要な論争は、京都議定書をめぐって、EUが京都議定書の下の特別作業部会(議定書AWG)と気候変動枠組み条約の下の「長期的行動に関する特別作業部会」(条約AWG、米国や他の京都議定書に署名していない諸国を含む)の統合に同意したことをめぐってだった。すべての「発展途上国」を代表する「G77+中国」は、「先進国」(京都議定書付属書Iに含まれる諸国)と「発展途上国」の間の責任の差異をなくし、「先進国」に対する制約を廃止することにつながるいかなる提案にも提案にも反対した。

続きを読む
posted by attaction at 04:50 | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グローバルアクションデーの賛同の案内

12月7日から18日まで、コペンハーゲンでCOP15、国連気候変動枠組条約会議が開かれます。

市民側の対抗アクションとして、市民社会フォーラムタイプの自主企画中心フォーラム(Klimaforum09 http://www.klimaforum09.org/)が企画されています。

また、12月12日を”グローバル・アクション・デー”としてコペンハーゲンはもちろん、世界中でアクションを起こそう!と提案されています。

http://www.globalclimatecampaign.org/
(日本のアクションもひとつ登録されていますよ!)

もちろん各地でアクションを企画し、登録してほしいんですが、

コペンハーゲンで同日企画されている国際デモ、”Planet First-People First"への団体賛同の募集も行われています。

このデモを真に国際連帯に基づいたものとするために、世界中の気候・環境グループ、労働組合、平和運動、人権組織、その他あらゆる市民社会運動・組織からの賛同がほしいそうです。

現在45カ国、245団体の賛同が集まっていますが、残念ながら日本からはまだ一団体も賛同がないそうで、ぜひ賛同を送ってほしいということです。

日本からは遠いので、代表を送れないグループが多いとは思いますが、その分、自分たちの地域で小さくてもアクションを企画して、そして、連帯の気持ちを表明するために賛同を送ってはどうでしょうか(あるいは気持ちだけでも!)
posted by attaction at 04:42 | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする