2018年09月03日

小倉利丸著『絶望のユートピア』(桂書房)を枕に社会を変える夢を見るための連続講座(第2期)

utopia_z.jpg

小倉利丸著『絶望のユートピア』(桂書房)を枕に
社会を変える夢を見るための連続講座(第2期)


おはなし  小倉利丸さん(批評家)

『絶望のユートピア』に掲載されている下記の文章を叩き台にして参加者の皆さんと議論します。当日テキストは配布します。

第1回  2018年9月18日(火)19時〜「オルタナティブの戦後 」
戦後の社会運動のなかで非主流ともいえる様々な運動を通じて、少数とはいえ彼らが切り開いてきた変革への問題意識を考えてみます。

第2回 10月2日(火)19時〜 「ナショナリズムの終焉へ向けて」
右翼の歴史認識の源流ともいえる林房雄の『大東亜戦争肯定論』批判の文章。世界規模で跋扈する極右やネオナチの「保守革命」にも通じる世界観について考えてみます。

第3回 11月13日(火)19時〜 「社会主義にとってフェミニズムとは何であったのか」
資本主義の搾取の廃絶によって性差別も人種差別も解消できるほどジェンダーの問題は簡単なものではありません。階級と性の問題を、フーリエやエドワード・カーペンターなど19世紀の時代の社会主義の思想と運動に立ち返って考えます。

第4回 12月11日(火)19時〜 「グローバル資本主義の金融危機と<労働力>支配 」
資本主義の基本的な問題でもある<労働力>の商品化と搾取は金融危機あるいは金融システムとどのように関連するのか。資本による<労働力>支配の一環としての金融について考えます。

第5回 2019年1月15日(火)19時〜 「労働概念の再検討」
なぜ人々は働くことを強いられて自殺するまでに追いつめられるのだろうか。労働を美徳とする倫理観がどうして成り立ってしまうのか、本当に「働く」ことの無意味さを生きざるをえない資本主義の問題を考えます。

◆参加を希望される方へ◆ 
会場はattac事務所です。事前に読んでくる必要はありません。1話完結の5回連続。途中参加・途中欠席可。参加費は500円(attac会員は300円)。本をお持ちでない方は各回1000円で書籍がもれなくついてきます。申し込みはattac-jp@jca.apc.orgまで。
posted by attaction at 09:09 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする