2018年01月16日

【attacバル】カタロニア賛歌〜ナショナリズムと自治とのあいだで、やりました



冒頭、スペイン政府から違憲とされた21017年10月1日の独立を問う住民投票の経過を描いたドキュメントが放映された。州政府関係者や選挙管理委員会が逮捕され、投票用紙や投票箱が没収され、選挙活動そのものが違法だとされるなかで、投票率4割は四割に止まり、そのうちの9割が独立賛成に投じられたものだ。

securedownload00.jpg

だがこの結果はたんなる算数的な結果だけで語りつくされるものではない。ドキュメントは、自治・主権もとめるカタルーニャ住民の主権と自治と自主の自発的な動きが映し出す。政府の弾圧をかいくぐって投票箱が投票所に届けられると、前日だというのにすでに投票所にあつまった有権者らがそれを拍手で迎える。ありとあらゆる妨害を警戒し、国家警察による封鎖を警戒して、前日の夕方から投票所前に並ぶ人々など、まさに「カタロニア賛歌」というにふさわしい光景が映し出される。

securedownload.jpg

しかしカメラは一転して真っ黒い戦闘服の国家警察による投票所や有権者らへの暴力的弾圧を映し出す。この暴力的な弾圧は、カタルーニャ・ナショナリズムの上層部への恫喝には功を奏したが、地域自治を下からはぐくんできた民衆には逆効果だった。海老原さんは、カタルーニャをめぐる対立の本質を、独立に賛成か反対かではなく、自治権という主権とその決定権を認めるかどうかという点にあると述べた。

securedownload04.jpg

2017年12月21日の州議会選挙の結果は、国家警察の暴力を容認することができるのかどうかが大きな争点になったという。定数135議席のうち、いわゆる独立派が70議席を確保した。その一方で、凋落する与党・国民党の新たな別動隊である右派ポピュリズム政党のシウダダノス(Cs)が第一党となるなど、自治・主権を葬り去ろうとするフランコ以来の愛国主義勢力の伸長も看過できない。

eleccion_cataluna_02.jpg

その右派ポピュリストに対抗して、金融危機に対する広場運動の流れから立ち上がったポデモス系の議席は、州議会選挙では8議席にとどまった。全国政党への飛躍と地域自治とのあいだで揺れるなかで、独立や自治など最大の争点を回避したことが敗因だという。

州外会選挙は終了したが、実際には組閣も難しい状況の中でこの問題は今後しばらくは欧州を揺るがすテーマになる。

securedownload03.jpg

海老原さんは、ギリシャの債務危機のなかで登場した2015年のSRYZA政権やその年の7月の国民投票でも問われたのは主権の問題(トロイカによる介入)との相似点を指摘しつつ、主権問題と新自由主義グローバリゼーションの関係(NAFTAなど)、そして主権を守り自治をつくる運動としての反グローバリゼーション運動のながれ(サパティスタなど)を概説し、反グローバリゼーション運動にも、ナショナリズム(過去に向く)と主権・自治確立(未来に向く)の違いがあると述べた。

(報告:ながいき)
posted by attaction at 10:16 | 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする