2018年01月12日

ギリシャ債務監査予備報告書(日本語版)が完成しました

20180112greekdebt.jpg

ギリシャ債務監査予備報告書(2015年6月)

エグゼクティブサマリー
イントロダクション
第1章 トロイカ関与以前の債務
第2章 ギリシャの公的債務の推移 2010−2015年
第3章 ギリシャの公的債務の債権者別内訳(2015年)
第4章 ギリシャの債務メカニズム
第5章 持続可能性に反するコンディショナリティ―
第6章 人権に対する“救済”プログラムの影響
第7章 MoU/了解覚書と融資契約に関する法的問題点
第8章 不公正、債権者の悪意、違法性、持続不能性を基準とした債務の審査結果
第9章 ギリシャ国家債務の支払の拒否


68頁、カラー
1冊1500円(attac会員価格1000円)
送料:1冊215円、2冊300円、3〜4冊360円、5冊以上は無料

申し込み:attac-jp@jca.apc.org
振込先:郵便振替口座 00150−9−251494「アタック・ジャパン」

※メールあるいは通信欄に「債務監査報告書」購入の旨を記載いただき、送付先、冊数をお知らせください。入金を確認してからの印刷、郵送となります。ご了承ください。


2015年1月25日の総選挙ではトロイカの緊縮押し付けに抗議する民衆によって押し上げられた急進左派連合(SRYZA)が勝利し、同年4月にギリシャ議会に公的債務の真実に関する委員会が設置されました。同委員会は長年債務帳消に取り組んできたCADTMのエリック・トゥサンが委員長に就任し、同年6月17日に予備報告書を発表し、ギリシャ債務の帳消しを訴えました。

2015年7月6日に行われた国民投票でトロイカの緊縮付き融資へのOXI(NO)が過半数を占めたにもかかわらず、SYRIZA・チプラス大統領はその翌日にはトロイカの緊縮政策を受け入れる決定を行いました。同年9月20日に行われた総選挙では、チプラス体制に反発するSYRIZA内反対派が離脱して人民連合を形成し、トロイカへの屈服反対を訴えましたが、総選挙ではSRYZA政権が多数を維持し、現在に至っています。

SYRIZA/チプラス政権の転換によって、債務の真実委員会の活動は終了し、すでに3年近くが経過して状況は変化していますが、この予備レポートで明らかにされた債務問題はギリシャだけでなく、グローバルな金融資本主義の真実の一端を明らかにしています。ぜひこの機会にお買い求めください。

【attaction関連記事】
ギリシャ債務帳消しを求める書簡(2016年6月2日)
http://attaction.seesaa.net/article/438543597.html
ギリシャ債務真実委員会のレポート翻訳に向けて(2015年8月3日)
http://attaction.seesaa.net/article/423493515.html
スペイン・ギリシャの広場占拠から続く「もうひとつの道」(2015年7月13日)
http://attaction.seesaa.net/article/422305318.html
ギリシャ:反対票のみごとな勝利(2015年7月6日)
http://attaction.seesaa.net/article/421873582.html
ギリシャの抵抗する人々と公的債務真実委員会を支持するアピール(2015年5月13日)
http://attaction.seesaa.net/article/418877621.html
注目!<11.14 全欧州・反緊縮策ゼネスト迫る>(2012年11月14日)
http://attaction.seesaa.net/article/301773994.html
【IMF/世銀総会】No!No!No!No! IMF Partyでの発言(2012年10月13日)
http://attaction.seesaa.net/article/300616537.html
SYRIZAユース大会(アテネ)でのエリック・トゥーサンのスピーチ(2012年10月29日)
http://attaction.seesaa.net/article/299508906.html
【ギリシャ】EUにおけるクーデター?(2011年11月9日)
http://attaction.seesaa.net/article/234373584.html
ギリシャ:1つの悲劇の2つの脚本(2010年7月24日)
http://attaction.seesaa.net/article/157257592.html
新たな勝利をもたらしたギリシャのゼネスト(2010年5月23日)
http://attaction.seesaa.net/article/150824913.html
ギリシャ民衆との連帯:欧州attacの声明(2010年5月21日)
http://attaction.seesaa.net/article/150568363.html
ギリシャ危機の意味(2010年5月13日)
http://attaction.seesaa.net/article/149750155.html
ギリシャを暗闇の中に押し込めるIMF(2010年5月10日)
http://attaction.seesaa.net/article/149411369.html
パリでのギリシャ労働者連帯行動(2010年5月7日)
http://attaction.seesaa.net/article/149057228.html
ギリシャ民衆に連帯を!(2010年4月29日)
http://attaction.seesaa.net/article/148223377.html



posted by attaction at 16:24 | 貿易、債務、貧困 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする