2013年03月10日

【3・30学習会】北アフリカ革命 もうひとつの世界への模索

The_Uprising_of_Women_in_the_Arab_World.jpg

北アフリカ革命 もうひとつの世界への模索
〜 横浜でTICADを考える会 第2回学習会 〜


日時 : 3月30日(土)13:30〜16:30(開場13:15)
場所 : 波止場会館 4階 大会議室
交通 : みなとみらい線「日本大通り」駅5分、JR「関内」駅15分
地図 : http://www.hatoba.jp/access.html
参加費: 500円

・北アフリカ革命と日本・アフリカ関係
 高林敏之さん:西サハラ問題研究室主宰

・独裁と新自由主義からもうひとつの世界へ:チュニジア民衆の闘い
 山中達也さん:明治大学商学部助手

・ジャスミン香る世界社会フォーラムから (中継予定)
 小倉利丸さん:横浜でTICADを考える会


 + + + + +

 横浜でTICADを考える会の第二回目のテーマは「北アフリカ革命」です。2011年1月、北アフリカのチュニジアで独裁政権が打倒されたいわゆる「ジャスミン革命」は、その後、北アフリカから中東に拡大し、現在もシリアでは熾烈な争いがつついています。

 2013年3月末にチュニジアで世界社会フォーラム(WSF)が開催されます。WSFは前回のセネガルのダカールの際にも「チュニジア革命との連帯」を掲げており、抑圧と新自由主義にかわるもうひとつの世界を目指す民衆蜂起を支援するという理由から、今回のチュニジアでの開催を決めました。

 北アフリカから東アフリカにかけての情勢は日本とも無縁ではありません。中東の対岸に位置する東アフリカのジブチでは、ソマリア沖の海賊対策を名目に2009年3月から自衛隊が派遣されています。2011年6月には自衛隊史上はじめて、海外恒久施設の基地が米軍基地に隣接するジブチ国際空港内に建設されました。

 北アフリカには「アフリカ最後の植民地」といわれるサハラ・アラブ民主共和国(西サハラ)問題があります。西サハラは1976年から隣国モロッコの軍事的支配下にあります。日本政府は西サハラを国家として承認せず、TICADにも招待していません。日本の国連常任理事会入りを支持するモロッコへの配慮からです。

 北アフリカ革命を、日本とアフリカの関係から考えます。お話は、長く西サハラ問題に携わってきた高林敏行さん、2006〜09年までチュニジアに留学されていた山中達也さんです。WSFチュニジアに参加中の小倉利丸さんと中継を予定しています。

◆ 横浜でTICADを考える会、できました ◆

6月1日から3日まで横浜で「アフリカ開発会議(TICAD)」が開かれます。TICADとは、Tokyo International Conference on African Developmentの略称で、アフリカの開発をテーマとする国際会議。

1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行等と共同で開催し、5年に1度、首脳級会合を東京で行ってきました。2008年の第4回目(TICAD IV)からは横浜市で開催されており、5回目の今回(TICAD V)も横浜で開催されます。

TICAD Vに向けた横浜市のキャッチフレーズは「アフリカ、ともに成長するパートナーへ。」です。TICADには「民間セクター」と称して日本の民間企業が大きく関与しており、政府と企業が一体となってアフリカ進出を促進する基盤をつくることによって、アフリカ自身も成長するという考えが根底にあります。日本企業活動の安全を守るための「テロ対策」についても話し合われています。

わたしたち「横浜でTICADを考える会」は5年前のTICAD IVの際に民間企業が主導するアフリカ開発とは違う視点から学習会を開催しました。今回も引き続き連続学習会などを開催します。5月には第3回学習会、そしてTICAD本番の6月1日には集会とデモを企画しています。ぜひご参加を!

ブログ http://ticakov.hatenablog.com/
e-mail ticakov@gmail.com
posted by attaction at 17:22 | 世界社会フォーラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする