2012年10月11日

ビルマ(ミャンマー)における土地強奪に反対するグローバル連帯のよびかけ

土地は売り物ではない!
10月10-11日、ビルマ(ミャンマー)
ビルマ(ミャンマー)における土地強奪に反対するグローバル連帯のよびかけ


ジュビリーサウスからの署名要請(10月6日付)です。10月11−12日にビルマ(ミャンマー)のラングーン(ヤンゴン)で「第2回アジア商業的農業」というイベントが開催されます。これはビルマの農業への投資の誘致を目的としたイベントで、各国政府や企業団体の代表が参加します。これに対して、企業による土地強奪と闘っている全国の農民、環境団体等の活動家たちが同10日に会場前にテントを立てて、抗議行動を計画しています。以下は、この行動への連帯のアピールの呼びかけです。ATTAC Japanも賛同しました。

 + + + + +

ビルマにおける現在の改革は、この国における土地強奪をめぐる状況を悪化させている。2000年代半ばから、特に2010年の総選挙に向かう時期に、土地強奪が急増している。軍と政府当局者は、コネのある企業に大規模な土地の使用権を認めてきた。土地強奪に対する農民の抵抗闘争によって、最近では多くの重大な事例が人々の関心を引きつけるようになっている。たとえば、フーコン谷におけるユザナによるキャッサバ・プランテーション[訳注1]、タイ国境に近いタニンダールのダウェイ経済特区、ヤンゴン郊外におけるゼイカバー・グループによる工業地区開発プロジェクト、そして現在のサガイン管区におけるモンユワ銅山の拡張計画[訳注2]などである。2011年までにビルマの200余の企業が合計約200万エーカー(約80万ヘクタール)の土地を私有の農業用地として割り当てられた。主にゴム、パーム油、ジャトロファ[訳注3]、キャッサバ、サトウキビなどの作物の生産用である。

政府は現在、外国資本の土地への投資を奨励するための一連の新しい法律を検討しており、それによって土地強奪は加速するだろう。2つの新しい土地関連法(「農地法」と「無主地、休耕地、未開墾地に関する法律」)は、いわゆる「遊休地」を国内および外国の民間投資家に払い下げるための法的な枠組みを確立した。さらに、検討の最終段階にある経済特区法と外国投資法は、ASEANとADB(アジア開発銀行)の地域産業基盤開発計画と共に、土地強奪のための新たな誘因と推進力を与え、地域社会が自分たちの土地や資源を奪われる状況をさらに悪化させるだろう。現在全国で起こっている土地をめぐる争いは、外国の政府や国際金融機関によって支援された外国企業がビルマ(ミャンマー)の政治・経済的移行期に乗じて利益を上げようと殺到する中で、いっそう深刻化するだろう。

土地強奪がビルマ(ミャンマー)の人々に特に深刻な影響を及ぼしているのは、この国の人口の70%が農民であり、農地に生活を依存しているからである。政府は国連機関の協力によって、全国的な土地所有権確定プログラムを開始しており、それによって土地を金に変え、土地使用の権利を確定しようとしている。これは一部の人々、特に都市の土地所有者にとっては問題の解決策となるが、土地所有権の確定は農民たち、特に高地の農民たちにとっては大きな困難をもたらし、土地利用の不安定をもたらす。そのことはすでにカンボジアやラオスで証明されている。

政府は土地所有権の確定などの技術的な解決策だけに焦点を当てるのではなく、小農民の生活を支援するための、たとえば慣習的な権利や制度を承認および尊重し、高地における焼畑耕作を正式な土地利用のカテゴリーとして認めるような法律や政策を採用するべきである。小農民、土地を持たない人々、貧しい農家が土地や食糧に対する基本的権利を持っていることに、直ちに関心を向ける必要がある。これらの権利は新しい政府の法律によって保護されるべきであり、それこそがビルマ(ミャンマー)の持続可能で公正な発展を保障するもっとも適切な方法である。

また、ビルマ(ミャンマー)政府は、「土地強奪に反対するダカール・アピール」、「土地強奪に反対するニエレニ行動計画
[訳注4]、「農業改革のためのグローバル・キャンペーンの責任ある農業投資(RAI)に反対する声明」[訳注5]に示されている国際的な動向に従い、尊重するべきである。ビルマ(ミャンマー)は他の政府が犯した誤り、すなわち国際金融機関や外国政府の勧告を受け入れて外国企業や国内企業による土地の収奪を許した誤りを繰り返す必要はない。ビルマ(ミャンマー)の農地は売り物ではない。

私たちはビルマ(ミャンマー)において土地強奪に抵抗している農民への全面的な支持と連帯を表明する!

よびかけ
フォーカス・オン・ザ・グローバル・サウス(タイ)

1.Saturnino M. Borras Jr., International Institute of Social Studies (ISS), The Hague, Netherlands
2.Philip McMichael, Professor, Development Sociology, Cornell University, USA
3.Focus on the Global South, Thailand
4.FIAN International
5.EarthRights International, USA
6.GRAIN
7.World Rainforest Movement
8.Dr. Rajeev Patel, Fellow, Food First, USA
9.Food & Water Watch, USA
10.Oakland Institute, Oakland, CA, USA
11.Dr. Ken Kampe, Tamthai Fund, Chiangmai, Thailand
12.Krishan Bir Chaudhary, Bharatiya Krishak Samaj, India
13.The Citizens Concern for Dams and Development, Manipur, India
14.Centre for Research and Advocacy, Manipur, India
15.North East Peoples Alliance, India
16.Food First, USA
17.Inclusive Development International, USA
18.Dr. Radhika Balakrishnan, Rutgers University, USA
19.Sindhu Bachao Tarla (Save Indus Struggle), Pakistan.
20.Re Common, Italy
21.Serikat Petani Indonesia (SPI), Indonesia
22.Aksi, Indonesia
23.Culture Identity and Resources Use Management (CIRUM), Vietnam
24.ATTAC, Japan
25.Assembly of the Poor, Thailand
26.Thai Poor Act, Thailand
27.Local Action Links, Thailand
28.Biothai Foundation, Thailand
29.Four Regions Slum Network (FRSN), Thailand
30.Community Organization for People's Action (COPA), Thailand
31.Human Settlement Foundation (HSF), Thailand
32.Leaders and Organizers of Community Organizations in Asia (LOCOA), Thailand
33.Cambodian League for the Promotion and Defense of Human Rights (LICADHO)
34.Equitable Cambodia, Cambodia
35.Community Peace Building Network (CPN), Cambodia
36.Peoples' Action for Change (PAC), Cambodia
37.Jeremy Ironside, Cambodia
38.Housing Rights Task Force (HRTF), Cambodia
39.Free Burma Campaign, South Africa
40.Alternative Information & Development Centre of South Africa, South Africa
41.Altsean-Burma (Alternative ASEAN Network on Burma)
42.Actions Birmanie, Belgium
43.Burma Campaign Australia
44.LICADHO Canada
45.The Polaris Institute, Canada
46.FERN, UK and Belgium
47.Burma Campaign UK
48.Centro Internazionale Crocevia, Italy
49.Kilusang Magbubukid Ng Pilipinas (Peasant Movement of the Philippines), Philippines
50.Terra Nuova, Italy
51.CECCAM, Mexico
52.Land Research Action Network (LRAN)
53.Bharat Jan Vigyan Jatha, India,
54.Beyond Copenhagen Collective, India
55.Amadou Taal, Worldview-The Gambia
56.REDES--Friends of the Earth, Uruguay
57.Friends of the Earth International
58.M Kikon, DICE Foundation, Nagaland, India
59.Grassroots International, USA
60.All Nepal Peasants Federation, Nepal
61.Bangladesh Krishok Federation, Bangladesh
62.Bangladesh Kishani Sabha, Bangladesh
63.Secretariat, La Via Campesina, South Asia
64.MONLAR, Sri Lanka
65.Karnataka Rajya Raitha Sangha, India
66.Bhartiya KIsan Union, India
67.Thamizhaga Vivasaylgal Sangam , India
68.Burma Action Ireland
69.Paulette Nonfodji, University of Amsterdam, Amsterdam, Netherlands
70.Joshua Muldavin, Action 2030 Institute, Professor of Human Geography and Asian Studies, Sarah Lawrence College, USA
71.Raymond Craib, Associate Professor of History, Cornell University, USA
72.Meghan Morris, Graduate Student, University of Chicago, USA
73.Social Action for Change (SAC), Cambodia
74.Farmers Nature Net (FNN), Cambodia
75.Professor Ian Scoones, Future Agricultures Consortium, Institute of Development Studies, University of Sussex, Brighton, UK
76.Justa Hopma, Aberystwyth University, PhD student
77.Lyla Mehta, Institute of Development studies, UK
78.Teo Ballvé, Department of Geography, UC Berkeley, USA
79.James K. Boyce, Department of Economics, University of Massachusetts, USA
80.FIAN Germany
81.Burma Partnership
82.Andrianna Natsoulas, USA
83.Shelter for the Poor, Bangladesh
84.Swiss Burma Association, Swizerland
85.Center for Women's Global Leadership (CWGL), USA
86.Global Exchange, USA
87.Food Not Bombs, Malaysia
88.Thai Working Group for Climate Justice, Thailand
89.Center for Ecological Awareness Building /EAB, Thailand
90.ASEAN Watch, Thailand
91.FTA Watch, Thailand
92.National Forum for the Urban Poor, India
93.Global Witness, UK
94.Cecile Fameree, Leiden Institute of Areas Studies (LIAS), Leiden University, Leiden, Netherlands
95.Both ENDS , The Netherlands
96.S. Ryan Isakson, Assistant Professor of International Development Studies University of Toronto, Canada
97.Prof. Shelley Feldman, Development Sociology and Director, Feminist, Gender and Sexuality Studies, Cornell University, USA
98.Prof. Kathleen McAfee, Associate Professor, International Relations, San Francisco State University, USA
99.Hannah Wittman, Faculty of Land and Food Systems, Institute for Resources, Environment and Sustainability, The University of British Columbia, Vancouver, Canada
100.Prof. Michael Eilenburg, Aarhus University, Denmark


訳注1 http://www.jtef.jp/tigernews_100826.html に関連記事(日本語)
訳注2 :http://www.dvb.no/news/freed-copper-mine-protesters-assaulted-by-police/23711http://www.nytimes.com/2012/09/29/world/asia/in-battle-over-myanmar-mine-folk-heroines-emerge.html?_r=1&pagewanted=all に関連記事(英語)
訳注3:バイオ燃料の材料として注目されている
訳注4:http://www.nouminren.ne.jp/newspaper.php?fname=dat/200703/2007031901.htm(日本語)を参照
訳注5:http://landgrab-japan.blogspot.jp/2011_04_01_archive.html に関連記事(日本語)

posted by attaction at 23:47 | 貿易、債務、貧困 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする