2012年05月17日

郵政民営化を監視する市民ネットワーク総会&参考人質疑

5月18日に郵政民営化を監視する市民ネットワークの総会&集会を開催します。

郵政民営化および公共サービスの問題について、今後の運動をともにつくるための取り組みへの参加を!民営化法改正案の成立をうけた市民ネットのニュースおよび郵政ユニオンの談話もあわせて紹介しておきます。

依然課題山積、行き詰まりは必至(Ubin Watch news No.47)
郵政民営化法改正法案可決成立にあたっての談話(郵政労働者ユニオン)

以下、5・18の案内です。

◆郵政民営化を監視する市民ネットワーク
5・18 特別委員会 参考人質疑
日時:5月18日(金)18:00〜21:00
会場:角筈地域センター (8階会議室)
案内:http://ubin-watch.ubin-net.jp/uwnews/uwns_47.htm#0518

◎何が変わるの? 

 郵政民営化法改正案が国会で審議されるにあたり、衆参両院ではその特別委員会で参考人質疑が行われました。大学教授や生保、金融業界や過疎地の村長や、労働組合などから参考人が選ばれ、今法案に対する意見聴取や各党議員からの質問がなされました。
 その様子は衆参のホームページから閲覧することが可能ですが、全部観ようとすると一日がかりになってしまいます。
 これをよりコンパクトに再現し、さらに会場からの様々な質問に答えることで、今郵政改革法の具体的な中身とその問題点などを浮き彫りにしていきたいと思っています。
 いったい郵便局は変わるのかそれともあまり変わらないのか。郵便局を利用するもの、働くものにとって何かいいことがあるのか。社会に及ぼす影響は何かあるのか。みなさんと共に考えてみたいと思います。

◎監視ネット第8回総会(最初に簡単な総会を開催します)

◎特別委員会参考人質疑
参考人(予定)
・改革法案から民営化法改正で何がどうなった?
 下見徳章 (監視ネット)
・金融業界は民営化法改正をどうみたか
 稲垣 豊 (ATTAC Japan首都圏)
・過疎の公共サービスはどうなる?桧原村から
 棣棠 浄 (郵政ユニオン)
・郵便屋さんは泣いている
 池田 実 (伝送便)
・郵便屋さんは怒っている
 土屋純一 (郵政ユニオン)
・議長:日野正美 (電通労組)
・会場からの質疑
posted by attaction at 14:11 | 公共サービス、反民営化、労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする