2003年06月24日

Q19:米国の参加なしにうまくいくでしょうか?

・米国という大きなパートナーを入れることは明らかに重要ですが、EUが金融取引税を先行導入しない理由にはなりません。

・米国が断固拒絶した場合も、ユーロやドルの取引を含めた為替取引に対する課税を開始するのは容易です。自国の通貨が対象とされているのに、自分のところへの税収の配分なしで実施されている税に関して、米国がずっと傍観することはないでしょう。


前へもどる
最初へもどる
次へすすむ

arton334.jpg
posted by attaction at 14:19 | 通貨取引税(トービン税)、金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする