2017年01月19日

ウォルデン・ベロー:ドゥテルテ大統領はオリジナル版のファシストだ

duterte.jpg

ドゥテルテ大統領はオリジナル版のファシストだ
ウォルデン・ベロ
2017年1月6日

Walden Bello : Rodrigo Duterte: A Fascist Original
Foreign Policy in Focus http://fpif.org/rodrigo-duterte-fascist-original/


 2016年にロドリゴ・ドゥテルテ大統領のフィリピンはしばしば世界中の注目を浴びた – 一部の人々にとっては注目されすぎだった。フィリピンから麻薬の常習者と密売人を根絶する作戦は、超法規的な処刑を手段としていることから、もっとも冷酷な傍観者の間でもショックを引き起こした。また、今では伝説となった彼のオバマ大統領への暴言、長年にわたる米国との同盟への怒りを込めた決別宣言と中国の抱擁はアジアの地政学を真っ逆さまにした。彼の血なまぐさい統治にもかかわらず、ドゥテルテは依然として高い人気を保っており、最新の世論調査でも非常に高い信任レベルが示されている。何がドゥテルテを駆り立てているのか? 何が彼の多くの信奉者に「彼のために死んでもよい」とまで言わせているのか?

 ファシズムは異なる社会的条件の中では異なる形で登場するので、ファシズムが古典的なやり方で進行すると思い込んでいる人たちはしばしば、それがすでに迫っている時でもそれを認識できない。2016年にファシズムはフィリピンにドゥテルテという形でやってきたが、大部分の市民はそのことに気づいていない – ある人々は大統領に絶大な忠誠を示しているために、また、他の人々はむき出しの暴力が今やフィリピン政治の支配原理になりつつあることを認めるのが怖いために。

続きを読む
posted by attaction at 10:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

【ウォルデン・ベローさん 横浜講演会】資本と軍事のグローバリゼーションに対抗する人々がつくるもうひとつのアジア

jpeg_bello.flyer.omote1.jpg

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

資本と軍事のグローバリゼーションに対抗する
人々がつくるもうひとつのアジア

ウォルデン・ベローさん 横浜講演会(2月4〜5日)

https://altasianpeople.wordpress.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

資本のグローバル化がもたらしてきた貧困と紛争、環境破壊が人々を引き裂いています。不寛容と時刻最優先の絶望的のオルタナティブが人々をとらえています。希望と連帯のグローバル化を訴えてきたオルタ・グローバリゼーション運動は、この深刻な状況に対して何を訴えどう行動できるのか。国境を越えた民衆運動のオピニオン・リーダーの一人、ウォルデン・ベローさんをゲストに招いて講演会やフィールドワークなどを企画しました。

◆2月4日(土)

【午前】フィールドワーク 在日米海軍ノースドック(横浜瑞穂港)
 ナビゲーター:木元茂夫さん(すべての基地にNO!を・ファイト神奈川)

【午後】13:00〜17:00 ウォルデン・ベローさん講演会&パネル討論
    会場:神奈川近代文学館  参加費:800円

◎ドゥテルテ・ショックとトランプ・ショック
 いま世界で起きている事の意味
 激変する東アジアの経済・軍事そして民衆運動
ウォルデン・ベローさん
 元フィリピン下院議員、フィリピン大学社会学・公共政策教授
 フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス代表理事

◎なぜフィリピンの人々はドゥテルテを選んだのか?
 日下渉さん(名古屋大学大学院 国際開発研究科)

◎パネル討論
・ウォルデン・ベローさん(フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス代表理事)
・日下渉さん(名古屋大学大学院 国際開発研究科)
・木元茂夫さん(すべての基地にNO!を・ファイト神奈川)
・原民樹さん(一橋大学大学院社会学研究科博士課程)


◆2月5日(日)

【午前】フィールドワーク 寿町〜横浜のもうひとつのアジア
 ナビゲーター:近藤昇さん(寿日雇労働者組合)

【午後】ワークショップ アジア開発銀行 開発援助のタテマエとホンネ
    会場 神奈川近代文学館

※ベローさんは2月4日のみの参加です。
※フィールドワークの詳細はお問い合わせください


◆ウォルデン・ベローさん講演会実行委員会
東京都千代田区神田淡路町1-21-7静和ビル(ATTAC首都圏気付)
070-5553-5495(小倉)
最新情報はブログへ https://altasianpeople.wordpress.com/


◆会場アクセス
神奈川近代文学館(港の見える丘公園内)
住所 神奈川県横浜市中区山手町110
交通 みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩10分/JR「石川町駅」徒歩20分
地図 http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/

posted by attaction at 11:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする